ぶーさんの子育て・貯蓄・投資日記

既婚。二人の子育て中のお父さんが貯蓄や資産運用など勉強した事のアウトプットや子育てで思う事など日記を書いていきます!少しでも皆様の役にたてれば嬉しいです!よろしくお願いします。

「お金と時間の使い方」ほりゅうさんの記事からの学び!

皆さんいかがお過ごしですか?ぶーさんです!

 

今回この記事を書こう!と思った理由は・・・

 

ツイッターでフォローいただいたほりゅうさんの記事を読ませていただき「お金と時間の使い方」について学びがあり私自身の原点を思い出し再確認できたからです!

 

その記事がこちらです↓

 

t.co

ほりゅうさんは私よりずっと若い方ですが、学生結婚されており日々の生活スタイルは同じ子育て中の家庭で似ていると思います。

 

ほりゅうさんは、私が30歳過ぎて結婚し少しずつ気がつき始めた

「お金と時間の使い方」

の重要性にすでに気がついており、実践されています!

(ちなみに私はアラホォーです!うーんもっとはやくに気がついていれば(^^;))

学生結婚の一番の利点にこの「お金と時間の使い方」が上手くなる事をあげられています!

 

では、記事内容にそってどんな学びがあったのか書いていきますね(^^)/

 

1.時間の使い方について

①結婚すると家族との時間が必要になる。

②その結果、自分一人の時間は当然少なくなる。

③でも、やりたい事は沢山ある。

そこで、やりたい事を諦めるのではなく、「限られた時間の中でも自分のやりたい事をやる!」

こういった能力は仕事にも役立つと書かれています!

 

仕事に置き換えると「限られた時間の中で成果をだす。」という能力と同じなんですよね。

 

私はこれは、最近よく話題になっている、「仕事の生産性の向上」と同じだと感じました。

 

例えば ↓ 

人員が限られた中で、仕事が増え一人当たりの仕事量が増えると・・・

解決策として2パターンありますよね!

 

仕事の時間を増やす。つまり残業や休日出勤ですね!

一昔前の日本企業は、残業や休日出勤を嫌がらない社員を評価していたと思います。ただ現在はこの解決策は支持されないでしょう。

何故なら、企業としてもこの方法は残業や休日出勤にたいして残業手当や休日出勤手当が発生し仕事の売上が上がってもその分経費がかさみますので、利益が増えにくいからです。

社員つまり働く側にとっても良い解決策とは言い難いですよね。

一般的な勤務時間で8:00から5:00が多いですが、ただでさえ1日8時間を仕事に費やしているのに、それに加えて残業・休日出勤となるとプライベートの時間はほぼなくなってしまいます。

仕事が終わると家に帰って寝るだけ、そして朝起きてまた仕事へ・・・

 こんな生活を望んでいる方っていませんよね!

仕事仕事で家族や友人と過ごす時間や趣味の時間も取れない、十分な休養もできない。

こんな生活を長期にわたって続けていたら体を壊してしまいます。

何よりこの方法では、疲れから仕事の質が下がり余計に時間がかかる。その結果さらに時間外に仕事をしなくては終わらない。

この悪循環にはまってしまいます!

 

仕事の生産性を高めて時間内にできる仕事量を増やす!

現在はこの生産性を高める方法が国や企業からも推奨されていますよね!

まず仕事量が増えた時に、今までの業務を洗い出しを行い重要度を確認します。

その中で重要性の低いものはクオリティを下げて今までより短時間で終わらせる。

場合によってはその仕事自体をやめてしまう。

(ちなみに、この方法ではクオリティを下げていい仕事の選択が重要なのは言ううまでもないですよね。要注意です!

仕事に余裕のある同僚にお願いする・・・

他にもtodoリストやマニュアルの作成により、より正確に速く仕事を進めて新しい仕事の為の時間を確保する。等など・・・

色んな方法で仕事の効率化をはかり、時間当たりの「生産性」をあげる事によって残業も休日出勤もなしで新たな仕事に対応していく。

また個人レベルでは限界がありますので同じ仕事をチームで行っている場合はチームでこの方法を行うとより効果的です。

結果、仕事もプライベートも充実した生活になります。

 

私は、もちろん②を選択しています。仕事はもちろん大切ですが家族との時間も大切ですよね!ほりゅうさんの記事で改めて「時間の使い方」を再確認できました。

f:id:buoochan3gou:20190601041430j:plain


 

2.お金の使い方について

①家族の生活の為のお金が優先される。

②自分で使える金額には限りがある。

自分への投資を減らすのではなく、無駄な出費を減らす。

 

ほりゅうさんは、喫煙者でしたが禁煙をされているとのことです。

禁煙によって出費を減らし、さらにたばこを吸う時間をほかの事(やりたい事)に使う事ができるようになったそうです。

 

さらに、会社である飲み会も自分に必要でないと思うものは家族との時間を優先し断るようにしているとのこと。飲み代は1回5000円くらいはかかるので大変ですよね!

 

私も結婚後、特に子供が産まれてからは会社の飲み会は必要最低限しか出席していません。飲みにケーションと言う言葉もありますが、アルコールを一緒に飲まなくても日々の仕事の中でしっかりとコミュニケーションをとっていれば飲み会に行かなくても仕事に支障はありません。反対に飲み会に参加しなくて仕事に支障がでる職場の方が問題有ですよね!

 

このような行動により限られたお金で生活し、さらに自分への投資も行う事ができている。ほんとに素晴らしいなと感心しました。

 

私は、この限られた予算で無駄な出費を減らし自分への投資を行う事は資産を形成していく基礎だと感じています。

どんな企業もまた家庭も限られた予算のなかで、お金の優先順位をつけて使っていますよね!

思い返せば私が結婚したての頃はひどかったです(^^;)

その頃からの成長記事もぜひ読んでください。↓

 家計管理の開始について↓

www.buoochan3gou.work

 

 投資を始めたきっかけについて↓

www.buoochan3gou.work

 

「お金の使い方」についても、ほりゅうさんの記事に自分の原点を感じました。

 

 以上が私がほりゅうさんの記事から学んだ事です!原点を再確認しやる気がアップしました。ほりゅうさんありがとうございます(^^)/

 

資産形成の第一歩に参考になります!↓

 

 

 今回は、ほりゅうさんの記事からの学びについての記事でした!

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ではまた、次回の記事でお会いしましょう(^^)/

 

 ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙No.1

どーも!ぶーさんです!

 

少しブログの記事更新に時間がかかってしまいました。(^^;)

 

皆さん、私の事忘れないでブログ読みに来てくださいね。これからもよろしくお願いしますね!(^^)

 

さて、今回から・・・新たな取り組みを始めようと意気込んでいます。

 

そ・そ・それは・・・・ 

 

本紹介シリーズ記事を書いていこうという試みです。

 

何だそんな事かぁ・・・なんておもわないでください(-_-;)

 

何故シリーズものに挑戦するのか?こんな理由からです↓

 

1.大好きな本について1回の記事では魅力をまとめきれない。

2.どんな事を感じたのか?どの部分がどんな事に役立つのか?じっくり紹介したい。

3.様々な部分をじっくり紹介する事で、紹介本に少しでも興味をもって頂きたい。

4.じっくりと記事にする事で私も本の良さを再確認できる。

5.紹介本の様々な箇所を詳しく記事にする事で沢山の読むきっかけをつくりたい。

こんな理由からです。

 

まずは、紹介する私がどれくらいの読書量があるのかも紹介しておきますね!

 

シリーズで本の紹介する人が年間1冊しか本読んでませんとなると全く説得力がないし、紹介されても興味でないですよね(-_-;)

 

私の家には現在本が100冊以上あります。全部私の宝物です!

妻には「本棚いっぱいの本が家でスペースとりすぎなのよ!」と小言を言われりしますが(-_-;)

 

f:id:buoochan3gou:20190524000345j:plain

種類としてはビジネス書・投資関係・自己啓発本・小説・漫画・スポーツ関係等です。

私は、読書を2種類に分けています。

 

1.勉強の為の読書です!仕事・投資・子育て等大人になってからの勉強はとても重要だと考えています。知識を吸収し自ら考えて行動する事が大切ですよね。

 

2.楽しむ・リラックスする為の読書です!人生勉強は大切ですが、楽しみもないとね。勉強ばかりでは長い人生息が詰まります。何事も楽しむ事が長く続けるコツですね。

 

 

そして、家にある本のほかにも週に1回は近くの本屋さんか図書館へいって、色んな本にふれています。

 

その中から、私の人生を変えた本・とても仕事の役にたった本・等厳選して紹介していきます。ちなみに私は自分の子供達に読んでほしい本を私の感想や考え方を付け加えてマル秘ノートにまとめています。

 

子供達の成長にあわせて様々な本を紹介し読んでもらいたいと考えています。

 

こんな読書大好き人間、ぶーさんの本紹介シリーズ記念すべき1冊目は・・・

タイトルのとおり

 

「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」 著者:キングスレイ・ウォード

 

です!

 

この本は、間違いなく私の人生を変えました!

大げさに言ってるわけではないですよ!

 

まずキングスレイ・ウォードさんについて紹介しますね。(まえがき・著者紹介より)

1932年カナダに産まれ会計事務所勤務その後、製薬関係を中心に企業経営の道へ進む。二度にわたる心臓の大手術を受け近づく死神の顔を見た。

財産や事業などを残すより、いちばん大切なのは、一生の経験から学んだ人生の知恵やノウハウの集積である。これだけはぜひ息子に伝えておきたいと。

そうした思いで息子にかかれた手紙がこの本となった。

 

私は、このまえがきを読んでキングスレイ・ウォードさんにとても共感しました。そして私も自分の息子たちに同じ事をしてあげたいという思いがわきあがってきました。

「自分の一生の経験を手紙にして子供達に渡す。」こんな素敵な事ってないですよね!

 

キングスレイ・ウォードさんはこう書かれています、この手紙が息子たちが歩む人生の路面の穴ぼこのいくつかを取り除くうえで役に立つことを願いながら筆を進めた。

 

これは子供をもつ親ならだれもが願う事ではないかと私は思います。

 

そしてこうも書かれています。

「人がこの世を去るときには、その人とともに、経験から学んだ大量の知識がむざむざと闇に吸い込まれてしまう。」

 

私もそう感じました。どんなに優れた人物にも等しく人生の終わりがやってきますが、その時にその経験と膨大な知識や知恵は書く事をしていなければもう二度と誰も知る事も触れる事も、もちろん引き継ぐ事もできません。

 

こんなに残念なことはないですよ。

 

私は世界に名を残すような偉人でも何でもありません

 

ごく一般的な会社員です。それでも自分なりに人生を歩んできた中で得た知識や経験を少しでも息子達の人生に役立ててもらいたいと思いキングスレイ・ウォードさんのように息子達に手紙を書くようになりました。

 

ね!読書って人生変える力があると思いませんか?

 

大げさじゃないですよね(^^)/

 

私はこんな読書の魅力や本の魅力の紹介の為に本紹介シリーズ記事に挑戦していく事にしました!

 

では、シリーズ1はこのへんで(^^)/シリーズ2をお楽しみに!

 

つたない記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。m(__)m

 

また次回の記事でお会いしましょう(^^)/

 

私は、はてなブログで記事書いてますよ↓

 

 

関連記事です!こちらもぜひ読んでみてください。よろしくお願いします。↓

 

www.buoochan3gou.work

www.buoochan3gou.work

 

 

 ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

  

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

子育て世代や若者にも読んでほしい。GW中に我が家に起きた素敵な出来事!

おはようございます。ぶーさんです!

 

今回の記事はこんな方に読んでいただきたいなぁと思って書いています(^-^)

 

 

1.子育真っ最中のお父さんお母さん

 

2.10連休のGWで育児に少々お疲れ気味のみなさん

 

3.若い人達で将来結婚・出産を考えているみなさん

 

そんな方たちへ向けてGW中に 我が家に起きたとっても素敵な出来事を書いていきます(^_^)

 

1.それはいつ起きたのか?

5月5日子供の日の午後です(^-^)

 

2.それはどこで起きたのか?

 妻と子供達と遊びに出掛けた高知県アンパンマンミュージアムの広場で

 

3.それはどんな素敵な事だったのか?

それはほんとに心があったまる素敵な事でした。

 

4.その内容は?

その内容は・・・じっくり書きますね(^^;)

 

その日はGW初めて家族そろってのお出掛けでした!

 

ですので子供達は朝からテンションマックスで大騒ぎ(^^;)

 

我が家の子供達は、アンパンマンミュージアムにいった時は本館の中を回るのもちろん楽しみにしているのですが(^-^)

 

それよりも外にある芝生の運動広場やアンパンキャラクターでつくられた遊具で 遊ぶ事をすごく楽しみにしています(^-^) 

 

我が家の子供達は男の子なのでやっぱり外遊びが大好きなのです(^-^)

 

 この日も本館の中を回って楽しんだ後に、出店で食べ物を買って芝生に敷物をしてお昼ご飯を食べました(^-^)

 

上の子はとくに食いしん坊ですね(^-^)この日もすごい食欲でした(^^;)

 

ご飯を食べている時に、後ろのベンチに出店でボランティアをしている女子高生が二人仲良くご飯を食べていました(^-^)

 

この二人が後に、我が家にとっても素敵な事を運んで来てくれます(^^)/

 

ご飯がすんだ後少し休憩してからおまちかねの外遊びタイムです(^-^)

 

色々と遊び道具ももっていってましたのでまずは、野球です!

 

キャッチボールをしてお父さんはピッチャー上の子はバッター下の子は 守備要員??打ったボールめがけて走っていました(^^;)

 

つづいてはサッカー三人でボール回しをしました(^_^)ノ

 

下の子はほとんどボールを追っかけて走り回りました(^^;)

 

そしてバトミントン、上の子と下の子はラケットの取り合い(^^;)

 

最後はシャボン玉をふいて楽しみました。下の子はシャボン玉を追いかける係りでした(^_^)

 

子供達は力いっぱいで遊びますのでアラフォーパパは最後バテ気味でしたが(^^;)

 

子供達と体を使って遊ぶとなんだか自分も子供にもどったような感覚になるんですよ。気持ちいいしストレス発散になりますね(^^)

 

三人でふざけながら時々子供達はおもちゃの取り合いをしながら笑顔いっばいで外遊びを満喫しました(^_^)ノ

 

妻は、ご飯を食べた場所で私達が遊ぶのをみながら休憩していたのですが(^-^)

 

女子高生達もベンチでご飯を食べて休憩しながら私達親子が遊ぶ姿をみていたようで、妻に二人の話声が聞こえてきたそうです(^-^)

「見てみて、あの親子めっちゃ楽しそうで」

「子供がすっこいうれしそう」

「お父さんも楽しそうでね」

「子供と遊んでくれるお父さん最高でね~理想のお父さんやね。」

「あたしもあんなに子供と遊んでくれる人と結婚したいなぁ」

「子供何人ほしい?」

「うーん、3人はほしいね~」

「結婚っていいなぁ~子供めっちゃかわいい!子供ほしい、結婚したい」

「あんなお父さんになってくれる人みつけてあんな家族つくりたい」

 なんて事を話していたそうです(^^;)

 

帰りの車の中で妻が嬉しそうに教えくれました(^-^)

 

私もとっても嬉しくて、でもなんだか少し照れてしまいました。 妻と二人でこの話をしながら笑顔になってなんだかあったかい気持ちになりました(^-^)

これが我が家に起きたとっても素敵な事の内容です(^-^)

 

5.まとめ

子育てってみんなが当たり前のようにやってる事です(^-^)でも当たり前のことを当たり前にしていく事ってけつこう大変だったりしませんか?

 

そんな毎日の中で少し疲れたなぁって時でもこんな素敵な事があったら元気100倍ですよね(^^)/

 

普段子育てしていてすごくほめてもらう事ってあんまりないような気がします。なので女子高生に私達家族をほめてもらったような気がしてとても嬉しかったです!

 

最後に、私達家族を若い女子高生が結婚したいなぁ子育てって楽しそうだなぁと感じてくれた事が、私もとても嬉しです(^-^)

 

日本の将来をこれから担って行く若い人達に結婚と子育てに希望もってもらえたのではないかなと勝手に思っています(^-^)

 

以上が我が家に起きた素敵な事の全容でした(^_^)ノ

 

同じように子育てしているお父さんお母さん、少し育児に疲れたなぁと感じている方々、若い世代の人達(^-^)

 

それぞれにこの暖かい気持ちや将来への希望がとどいてほしいです(^-^)まとめは少し話が大きくなってしまいましたが(^^;)

 

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

ではまた次回の記事でお会いしましょう!

 

 関連記事です↓

 

www.buoochan3gou.work

 

 

www.buoochan3gou.work

 

 

プライバシーポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このプログラムにおいて、第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーから情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の取り扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jpプライバシー規約

http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?ie=UTF8&nodeld=643000

 

 

👦家事育児について願う事👦

こんにちは!ぶーさんです!

こちらは今日も雨です(^^;)

雨の日は子供達と外で体を使って遊べないので残念です(^^;)

部屋の中で絵本を読んだりパズルをしたり塗り絵をしたりDVDを見たりして過ごしていますが・・・遊べる所へ出掛けても人がいっぱいなので(^^;)

男の子二人はすぐ飽きてしまうので、やっぱりお天気の日が恋しいです☀

外で沢山遊ぶと昼寝してくれますしね!夜もグッスリ休んでくれます(-_-)zzz

私も体を動かすとぐっすり休めますしね。

今日は私が家事育児にていて思う事願う事について書いていきますね。

あくまで私の考えです。様々な家庭・様々な夫婦の形・様々な意見があると思いますので、こんな意見もあるんだなという気持ちで読んでいただきたいです。

我が家は夫婦共働き、2児の子育て中です(^-^)

平日は朝5時30分起きでまずは朝ご飯とお弁当の準備をします(^_^)ノ(私と妻と1日交代)

次に子供達の着替えと幼稚園の荷物(私担当)・小学校の荷物を準備します!(妻担当)

そして6時15分頃から息子2人を起こしはじめます!(私と妻1日交代)

朝はこれが一番大変(^^;)30分程かかる時もあります(>_<)

そして着替え(私担当)をさせて朝ご飯です。

朝ご飯は7時15分頃までには終わるようにしています!

それから歯磨きと幼稚園の連絡帳の記入を7時30分までに終わらせます。(2人で)

上の子は友達と小学校へ歩いていきます。私は車で幼稚園へ送った後そのまま出勤します。

妻は洗濯物を干してから出勤です。

仕事が終わると妻が学童と幼稚園へお迎え、私は帰宅して洗濯物を取り込み夕飯を作り始めます。(妻と私の仕事の状況により交代します)

7時すぎくらいから夕飯を食べ、食器洗い(食洗機に入りきらないもの)一休みしてから二人の息子と私でお風呂に入ります。

そして着替え歯磨きなどをすまして、9時までには布団に入ります。30分くらいで息子達は寝るので、(たまに一時間以上かかる時があります(>_<))その後起きて妻はお風呂へ私は洗濯物をたたたみます。

これが我が家の月曜日から金曜日までのスケジュールです(^^;)

ほんとに毎日があっという間で2人で協力しても休む時間はほぼありません。

ただでさえこの状況ですので夫婦どちらかが残業や病気で動けない時などは一人ですべてをこなさなくてはならず・・・正直地獄です。(私が大袈裟すぎるかもですが(>_<))

世にいうワンオペ育児状態になります。

皆さんはこのスケジュールを見てどう思いますか?私は自分で書きながら改めてスケジュール確認して自分達がやっている事ですが、忙しすぎる現状に愕然としました。これが一年365日休みなく繰り返されます。子供達がある程度自分の事ができる年齢になるまで何年間もです。

子供の体調不良で急に仕事を休んで職場に迷惑をかけたり、自分が病気になった時は家事育児ができず妻に負担をかけてしまったり、正直気が休まる時がありません(>_<)アラフォー父ちゃんにはきついです(*_*)

それでも可愛い子供達と愛する妻がいてくれるだけで頑張っていけるし、幸せです(^-^)

ですが、毎日の大変さは変わりません。(*_*)

同じように子育てされている方々にはもっと忙しい方もいらっしゃると思いますが・・・

子育てされている皆様本当に毎日お疲れ様です。

私が今回このようなスケジュールを記事にしたのは、私達夫婦がこんなに忙しいんだとひけらかす為ではありません。m(__)m

子育て世代の現状を知ってほしいと思ったからです。

世の中にはいろんな事を言う方々がいます・・・
「子供を産んだのは自分達だから育てるのは当たり前でしょ。」

「大変大変って言いすぎでしょ。みんなやってるじゃない。」

「子育てしてる人達だけが大変なの?」

「子供が可愛くないの?子育てはそんなものよ。」

たしかにそうかもしれません。でもこれだけの事を毎日やる事の大変さを当たり前と言われても本人達はさらに追い込まれてしまうだけなんです。

そして、私がとてつもなく悲しいと思うのは、これらの言葉を実際子育て中の父親が言ってしまう事がある事です。

私の職場にもそういった方がいます。

「家事育児は全部嫁にやらしてる。たいした事やってないだろ、当たり前だよ。」こんな事を平気で言う人の気持ちが私にはわかりません。

家事育児を妻に全部丸投げする事がまるで偉いかのような発言には・・・

全く賛同できないし、何故そんな事が出来るのか?ワンオペ育児状態におちいってるその方の奥さんはどれだけ大変な思いをされてるのか考えると胸が痛くなります。

私はブログと同時にTwitterも始めたのですが、Twitterでもよくワンオペ育児状態のつぶやきを目にします。

ほとんどは、女性の方が仕事もしながらワンオペ育児状態になっているようです。

余計なお世話かもしれません。でも私は奥さんをワンオペ状態にしている父親の皆さんに少しでも家事育児に参加して大変さを分かち合ってほしいと願っています。

それから聞いてみたいです。
「お互いを好きなって愛しあって結婚した妻にすべての家事育児をやらして自分は仕事だけしかしない。それを偉いかのように外で言いふらす。そんな事をするために結婚したんですか?妻にそんな重労働をさせる為に結婚したんですか?それで妻と子供達を幸せにできてますか?」と。

家事育児に無理解な父親が少しでも減る事を願っています。

そしてワンオペ育児と言う言葉がなくなって欲しいと願っています。

この連休はいつもより夫婦の時間がとれる家庭も多いかと思います。お父さんはこの機会に奥さんの日常がどんなものか話ししてみてはどうでしょうか?

話しを聞くだけでも奥さんの気持ちが楽になるかもしれません。

そして一つでも奥さんの負担が減るように協力してあげてほしと思います(^_^)

最後に奥さんに「いつもありがとう。」とたった一言でいいので感謝の気持ちを伝えてあげてくださいm(__)m

今回は家事育児についての私の意見と願いについて書きました(^-^)

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

📖読書で得た知識を忘れない方法📖

こんにちは!ぶーさんです!

今日は雨ですね~☔ 

10連休真っ只中ですが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

我が家は遠出の予定がないため自宅でゆっくり過ごしています。

ゆっくりといっても暴れん坊の息子2人が元気なおかげで私は振り回されております。

部屋はぐちゃぐちゃに散らかされております😵

まぁ子育て中の家庭は皆さん似たようなものではないでしょうか?(私の希望的観測がはいっています💦)

部屋が少しくらい散らかっていても子供達が元気なら問題なしです✌

急な来客の時は・・・大慌てで片付ける事になりますが😵

さて今回は読書で得た知識を忘れない方法について書いていきます📝

私の趣味は読書です!ですので本を読むのが大好きです。

学生の頃はあんなに勉強が苦痛だったのに大人になってから読書が趣味になるのですから不思議ですよね~(^_^)

今、我が家には私が購入した本が100冊ほどあります📖

場所をとりますので妻に小言を言われる事もありますが、私にとっては大切な知識の宝物です。

ちなみに、すべてがビジネス本や自己啓発本ばかりではないですよ!小説や漫画もあります(^_^)ノ

ただ100冊分の知識すべてが頭に記憶として残っているのか?と言われればもちろんそんな事はありません。

読書される方は、経験があると思いますが本を読んで勉強したと思っていても以外と記憶に残ってない場合が多いのです!勉強したつもりで終わってしまっているのですよね。

せっかく得た知識も忘れてしまっては意味がないですよね。

そこで私がお勧めする方法は読書ノートをつける事です。📝

ノートを用意するのが面倒という方は、本自体に書き込みしてもいいです。

ただ、後で人にその本を貸してあげる時などに恥ずかしいし😅

単純に読み返す時に本が読みにくいのでお勧めしません。(気にしない方はこの方法でもOKです)

私の読書ノートはA4のノートです!

本を読む時にはノートとペンを用意します。

本の題名・著者・出版社を書きます。後は本を読みながら、気づいた事・自分の考え・著者の考え・納得できた部分・納得できなかった部分などを書いていきます!

私のノートの一部です!字がきれいではないですが😅参考までに↓

f:id:buoochan3gou:20190430195248j:plain


ちなみに本の中で気になる部分をノートに書く時は、記載されているページ数も一緒に書いておくのがコツです📝

これだけの作業なんですが、ただ読むだけの時に比べてすごく記憶に残ります。しかも忘れにくいんです。

実体験として書いた方が記憶に残るという事はわかっていましたが、実はこれにはきちんとした理由があります!

以前このブログにも登場した本に詳しく書かれています!

www.buoochan3gou.work

記憶というのは、短期記憶と長期記憶があるんです。

通常本を読むだけだと脳の中の「海馬」と言う場所に短期記憶として仮保存され、2~4週間で忘れてしまうのです。

しかし、読むだけでなくノートに「書く」人に「話す」といった運動神経を使った記憶は、「運動性記憶」と呼ばれます。その特徴は一度覚えるとその後はほとんど忘れる事がないという事です。

皆さんもよくわかるのが自転車です。一度乗り方を覚えると忘れることはまずありません。

つまり、本を読みながらノートを書く事で「運動性記憶」として脳の中の側頭葉と言う場所に、「長期記憶」として保存されるのです。

同じ読書をするなら「運動性記憶」として「長期記憶」した方が断然いいですよね📖

私の経験からいっても読書ノートに書いた事はほとんど覚えていると思います。

それから、ノートをつけると他にもいい効果がありますよ📖

それが思考を整理しやすくなる事、後日読んだ本の気になる部分がでてきた時にノートを見れば一目瞭然で読み返しが不要な事です✌

書くという行動をすると読むだけに比べて、自分の考えや疑問点いいなぁと思った言葉の意味など整理がしやすくなります📝

読んだ本の気になるフレーズやデータなど再確認したい時も、読書ノートにページ数を控えていればいちいち本を読み返す必要はありません。(時短になりますよね🎵)

以上の理由から私は読書ノートをお勧めします!

少し話はそれますが、私は子供達にも本を好きなってほしくてよく絵本を読んでいます。そして大きくなった時によりよい人生を過ごしていってもらう助けになるような良書をノートにまとめています📝(このきっかけになる本との出会いがありました📖)  

息子達にそのノートを渡す時を楽しみにしています!😊まぁ本人達が読んでくれるかはわかりませんが😅何かの時に役立てくれたら嬉しいですね🎵

本を読む事の楽しさや知識を得る事の大切さを息子達に知ってほしいと願っています!

あわせて息子達や妻にあてた手紙も少しずつ書きためています。

私は口下手なので・・・妻や息子達への気持ちを手紙にして残しておきたいと思っています。

息子達には社会人としての旅立ちの日に、妻には子供達が手を放れたタイミングで渡すつもりです。

この事はまたの機会にブログに書きますね📝

少し話がそれました💦

読書ノートお勧めです。ぜひ試してみてください📝

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

✨子供の教育資金について✨

こんばんは!ぶーさんです!

皆さん大型連休楽しんでますか?🚙

今回は子供の教育資金について書いていきますね
📝

みなさんはどのような形でお子さん達の教育資金を準備されていますか?(この記事での教育資金とは大学進学の為の費用の事です。)

我が家には6さい👦と2さい👦のかわいい息子達がいます!(親バカ全開ですいません💦)

今はまだ小さい子供達ですが、将来に備えて少しずつですが教育資金を貯めています。

参考にさせてもらった本がこちらです↓
子どもにかけるお金の本―この1冊で確実に準備! (Como子育てブックス)

というのも、子供達が小さいうちが教育資金を貯めやすい時期なんですよね。

教育資金を貯める時期としては↓ 

1.就学前ー最大のチャンス月収の10%を貯蓄へまわす事、小さい頃から様々な習い事をする事も大切だが月々の月謝で貯蓄ができない場合は家計の見直しが必要!

2.小学校時代ーこの時期に十分貯められるかどうかが子供の進路に影響する。特に1~3年生までは家計が楽な時期なのでこの三年間が最後のチャンス!就学前の10%に+10%が理想!

なんですね!ちなみに子供の大学進学の為に貯めておきたい目標金額が一人約200~400万円なんです!金額だけみると😵目がまわりそう💦我が家は息子2人なので2倍💦💦最初にこの数字をみた時、お父さんはプチパニックなりましたよ😅

でも大丈夫!(ほんとかな?)順に説明していきましょう😅

まず子供が産まれてくると、支給されるものがありますよね👛そう児童手当です👛
支給額の参考が↓
0~3さい 月額15000円 3年間
3~小学校修了前 月額10000円 9年間
中学生 月額10000円 3年間

これを全額貯蓄すると
15000×36+10000×144=1980000円になりますね!

私のまわりの子育て中の方々に聞いてみても児童手当を子供名義で貯蓄しているよ!って方けっこう多いです。もちろん我が家もです!(ありがたいです)

なので、我が家では400万円の目標金額に対して半分は児童手当で、残りの半分は学資保険で備える事にしています!

目標金額を最初みてショックを受けましたが、児童手当の額を読んでほっとしたのを思いだします💦

次に、なぜ半額を学資保険としたのか?を書いていきます。

教育資金の貯め方の基本として↓
貯蓄性のある子供保険や銀行の積立定期など安全性の高い金融商品を利用する事。

理由ー教育資金は子供の年齢によって必要な時期が決定するので運用商品で大きく増やそうとしない事!運用商品は長期的な利益は見込めるかもしれないが、必要な時期に相場(利益)が下がっている可能性がある為×

だからです!運用していて必要な時期に教育資金が目減りしていては元も子もないという事ですね。

この理由については様々な意見はあると思います、私も実際悩みましたが教育資金に限っては安全性を第一としました。(教育資金を運用する事を否定するものではないです。私の場合です)

さらに、定期預金としなかったのは教育資金として使用目的を明確にする必要があったからです。

定期預金として教育資金を貯蓄し満期になった場合。住宅購入や車の購入時期と重なり「途中で他の用途に流用」してしまう家庭も多いようです。

我が家もそのパターンになりかねない💦と思い、学資保険を選択しました!そんな事では駄目なんですが(>_<)

ということで、我が家の息子達の教育資金としては、二人とも産まれてすぐにJAの学資保険に加入しています!(上の子は返戻率114%、下の子は返戻率113%です)

ちなみに参考本に書かれおり、私が調べた中でも郵便局の学資保険は他の保険とくらべても返戻率がかなり低く(私が調べた当時104%程度)過去の事ですが、平成13年頃以降に加入した商品で元本割れを起こした時期があるんです。なのでお勧めはしません。
(あくまで、私の意見です。参考に)

もちろんこれだけで足りる事はないと思いますが、最初に一人当たりの教育資金をみた時のショックはなくなりました。

最後に奨学金制度について書きます。

私自身は奨学金制度を利用させてもらって高校を卒業できました。

制度を利用したのにこんな事を書いていいのか?悩みましたが利用した経験も踏まえて書いておきます。

この本を読んで怖いなと感じた事が奨学金の返済が子供本人のライフプランに影響を及ぼす可能性があるという事です。

例えば、住宅ローンについて
子供が将来結婚し、さぁ家を建てようと銀行に住宅ローンの相談にいきます。そこで月々の返済能力が実際には8万円あるのに、奨学金の返済が月々2万円ある事で返済能力を6万円と判定される可能性があるんです。

結果子供達家族は思うような家を購入できなくなります。

こんな悲しい現実があるという事も知ってほしいと思います。

子供の進学の為に使った奨学金が子供のライフプランを崩してしまう・・・これでは本末転倒ではないでしょうか?

もちろん奨学金利用については、子供本人も納得したうえでの利用だったと思いますが。

親にこういった知識があったのでしょうか?

子供に説明したのでしょうか?

説明して了解したとしても子供本人は現実として捉える事ができていたのでしょうか?

様々な疑問が残ります。

少なくとも私が利用する時は、父親から仕事についたら毎月少しずつ返済したらいいから。とごく簡単な説明を受けただけでした。

私は制度を利用し進学させてもらって感謝していますが、社会に出た時点で多額の借金を背負ってスタートする事が良い事とは思いません。実際返済に10年程かかりました💦 


私の場合は運良く卒業と同時に就職できたので返済できましたが、就職できなかった場合は・・・様々なご家庭で様々な経済的理由があるので利用を否定するものではありません。

ただ、利用する時には将来をしっかりとイメージしてほしと思います。

それから、子供ときちんと数字をみて話しをしてほしいです。

数字をみてしっかり話しあいをする事でイメージしやすくなるはずです。

以上の事から、我が家では子供達の教育資金をしっかりと確保し奨学金制度の利用は慎重に、最後の切り札として利用しない方針です!

どうしても利用しなくてはならなき場合は子供と話し合いをもち説明していくつもりです。

場合によっては進学をやめる選択肢もありだと思います。

その為にも今日もしっかり仕事してきます!

資産運用も収入の複数化も頑張ろう🎵

今回は教育資金について書きました。

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m